平成2年に導入した当社製セラミックス脱臭設備を20年後に更新・入れ替え。

セラ・ブロック+UFOシリーズ、取付実例 
04「複合飲食店舗ビル調理排気5系統」

 東京都港区にある複合飲食店舗ビルに入居する飲食店舗調理排気5系統の脱臭対策。

 このビルでは平成2年(1990年)の竣工時に当社のセラマジック脱臭装置を採用していただきました。竣工以来20年を経過して”設備大改修”を行う事となり、脱臭装置も入れ替える事となりました。

 「導入から”20年間”、”交換せず”、使用を継続!」するとセラマジックの表面にススなどの汚染が大量に付着してしまい清掃でも落とせない、従ってセラミックスの交換がより確実な対策である。

 今回の脱臭装置更新では調理排気脱臭を主目的とした開発したセラブロック+UFO-MIXを使用する設計をご提案して採用されました。

セラマジック脱臭装置の20年使用後。

 セラマジックを20年使用したらどうなるのか? 写真でご覧ください。

 5カ所の内の4か所は予想以上に綺麗でしたが、1ヶ所だけ汚れのひどい箇所がありました。

脱臭装置2系統、出口。
脱臭装置出口から内部のセラマジックを見る。
内部のセラマジックを拡大。
過去のメンテナンス作業時に表面に付着したススなどを削り落として脱臭能力を回復した。セラマジックも多少削られて少し細くなるので何回も行うと問題有り。メンテナンス後は目立った汚れ無し。 
1系統のみ汚れのひどい所あり。
前回のメンテナンス後にまた汚れが付着する。セラマジックの一部には破損もあり。

 汚れの酷いセラマジックはご覧の通りとして、表面が比較的綺麗なセラマジックも20年の超長期の使用により内部にはセラミックスでも分解できない汚染物質が浸透して徐々に蓄積されていく、20年間蓄積が続くとさすがに無視できず脱臭能力の低下は避けられない。旧設備とセラマジックは撤去して新規設備とセラブロック+UFO-MIXを導入する事となりました。

セラミックス充填作業。

 今回はチャンバーを取り付けてからセラミックスを充填するのではなく、先にセラミックスをカセット及びチャンバーに充填してから現地に持ち込み設置する事になりました。現地への持ち込みはクレーン車でビルの屋上まで持ち上げました。

チャンバー概略図(設計原案)、8,000CNH向け、側面図。
左側が入口、右側が出口です。主にオイルミスト対策用のセラブロック「常用3段」+主に臭気対策用のUFO-MIXを組み合わせて使用。必要時はセラブロック「予備1段」に追加して脱臭能力を強化!

対象となる排気は全部で5系統ありそれぞれ排気風量は異なりますが、セラミックス脱臭装置の基本的な構造「セラブロック(3+1段)+UFO-MIX」は5系統全てに共通しています。  
セラブロックをカセットに充填する。
セラブロックをカセットに充填後、全5系統の合計で約900個使用。
セラブロックカセットをチャンバーに充填する。
チャンバー側面からセラブロック充填空間を見る。
UFOシリーズ、黒色の特殊加工品は大小3種類使用。
UFOシリーズ、白色の通常品も大小3種類使用。
UFOシリーズ:黒3種類+白3種類を混合(MIX)
UFO-MIXをカセットに充填する。全5系統の合計で約250kg使用。
UFOカセットをチャンバーに充填する。
設置場所とセラミックス脱臭チャンバー。

 今回はビルの屋上に脱臭チャンバーを設置しました。

 周囲にも商業ビルやマンションが立ち並びます。

写真中央に脱臭装置の排気口が3つ並ぶ。
排気排出口部分を拡大。
脱臭チャンバーを側面から見る。
右から排気が入り、中央にセラブロック、左の一回り拡大した所にUFO-MIX、その後に排出口。

 このビルでは竣工当初に設置したセラミックス脱臭装置(セラマジックを充填)を20年間無交換で使用を継続しました。その間に何回かメンテナンス(点検・清掃)を行い脱臭能力を維持しました。

 当社のセラミックス脱臭製品は数種類ありますが、セラマジックと共通のセラミックス触媒を使用しているのでその脱臭能力と超寿命性能も共通です。中期~超長期の使用でセラミックスはその真価を発揮します。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

0470-66-0911

受付時間:09:00-17:00(土日祝除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0470-66-0911