「セラクリーンUFOシリーズ」取付実例 
07「ホンダ技研工業株式会社・浜松工場」
”オイルミスト&臭気”脱臭除去対策。

 静岡県浜松市の航空自衛隊浜松基地に隣接する「本田技研工業・トランスミッション製造部・浜松工場」、製造工程で発生する臭気&オイルミストの除去・脱臭が目的。

 導入の前に移動式実験機を使用した脱臭実験を行い脱臭効果を確認、その後に本採用となる。脱臭設備は24時間対応型、屋内設置。「処理風量:20,000m3/時」×2箇所。

施工前、既設排気口。
既設排気口。「排気口が大きい≒排気風量が多い」事が推定できる。
脱臭実験。

 いきなり大規模な設備を導入=本採用はせずに、事前に小規模な実験機を使用した脱臭実験を行う。

実験の結果が良ければ本採用へと進む。

脱臭実験機(人物は当社代理店ファインセラの石澤社長)
実験機内部、充填セラミックス。
本採用、設備とセラミックス充填作業。

 実験で良好な結果を確認したら、いよいよ本採用となります。今回は処理風量が20,000m3/時と大きな設備になります、この設備が2箇所有ります。(後日1箇所追加予定あり)

脱臭設備(縦長型)、上部。4(脱臭3+養生1)塔式。24時間連続運転対応。
脱臭設備(縦長型)、下部。
脱臭装置上部を斜めから見る。
送風機。20,000m3/時×2台。
セラミックス充填作業中。
セラミックス充填作業中、その2。
UFOシリーズを3種類使用。最下層に「VENUS(大粒)」充填中。
中間に「G-BALL(中粒)」充填中。
最上部に「UFO(中粒)」充填中。
セラミックス充填後にずれ防止用金網を被せて固定する。
充填空間下部(排気入口側)より見上げる、SUS金網(固定)。
脱臭装置と充填空間、概略図。
脱臭装置制御盤。4塔ある脱臭装置の「脱臭運転&養生運転」順次切り替えを全自動で制御する。
処理後の排気は室外から屋上へ誘引する。
3箇所目の脱臭装置導入に備えて送風機追加設置空間を確保。後日追加設置。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

0470-66-0911

受付時間:09:00-17:00(土日祝除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0470-66-0911