「セラクリーンUFOシリーズ」取付実例 
04「技術センターにおける製品開発・製造時に発生する臭気の脱臭&近隣環境対策」

 静岡県浜松市にある工業団地「都田テクノポリス」内にある、”テイボー株式会社様・都田技術センター”、での製品開発及び製造工程において発生する排気の脱臭対策&近隣環境対策。

脱臭設備の概略。

 カラーペン、マジックペン、等々のペン先を製造している(テイボー様曰く「世界トップシェア!」)の製造ラインから排出される臭気の除去・条例規制値のクリアーが目的!

 排気中にヤニ・タール成分含む! フィルター等で除去する必要有り!

  排気は湿度・酸素濃度、共にやや低い。少量の外気を取り込み(セラミックスの触媒反応に必応な"酸素”と”水分”も取り込む、酸素と水分≒湿気は空気中にあるのでタダ!)、臭気と外気を「ミックスチャンバー」内で混合する。

 排気の流れは、作業工程→源排気→ミストフィルター→ミックスチャンバーで外気と混合→セラ・ブロックでヤニと臭気をある程度除去→UFOシリーズで脱臭処理→大気排出、このような流れになる。

ミックスチャンバーとその周囲。
排気(赤)は室内排気出口(上部2か所)からミックスチャンバー(中央)へ。
ミックスチャンバー(オレンジ)の右に外気取込口(水色)。外気と混合した排気は左へ流れる。
左側の点検口(開)とその左右が前処理用セラ・ブロックチャンバー(緑)

セラ・ブロックチャンバー。

 排気中のヤニ成分の除去と脱臭をある程度行う前処理設備。「右のミックスチャンバーから排気流入。セラ・ブロックを通過後に左のブロワ―を経由してUFOシリーズを充填するUFO-MIXチャンバーへ流入→脱臭→大気放出」となる。

セラ・ブロックチャンバー内にセラ・ブロックを充填する。

点検扉から見る、セラ・ブロック2段目充填後。
点検扉から見る、セラ・ブロック1段目充填後。

UFO-MIX充填チャンバー。

 前部のセラ・ブロックチャンバーで前処理をしてある程度ヤニ・臭気を除去した排気をこのUFO-MIXチャンバーで本格的に脱臭する。

 チャンバーは入口側から全4段に分割、中に充填するセラミックスに変化をつける。最後部となる4段目(前半)には特殊加工品を使用。

UFO-MIXチャンバー全体。
UFO-MIXチャンバー、点検口側を見る。
チャンバー奥(写真右側)が入口。手前(写真左側)が出口に繋がる。
脱臭チャンバー概略。同じチャンバーを4つ連結する(全4段)。
UFO-MIX充填チャンバー内部。
上部充填口から2枚の金網の間にセラミックスを充填する。
充填空間とUFOシリーズの種類。
入口側は大粒を、出口側は中〜小粒を使用。
表面積と除去率を計算しセラミックス全体に均等に負荷をかけて効率的な脱臭を実現!
チャンバー内部。
セラミックス充填前。              セラミックス充填後。
チャンバー上部、点検口から内部を見る。
セラミックス充填前。              セラミックス充填後。
セラミックス充填後、チャンバー上部充填口を見る。手前から奥まで充填口が4つ=全4段。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

0470-66-0911

受付時間:09:00-17:00(土日祝除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0470-66-0911