当社の過去の経験や実例から特に印象的な出来事をご紹介します。

奇妙な事例のご紹介、P5

 題名をクリックすると本文へ移動します。

事例21. 出戻り、Uターン、里帰り。

    海外進出(国外脱出)した企業の日本帰還。   

事例22. セラミックスが溶けた!?

    セラミックスが溶けた!? 代理店からの連絡。一体何があったのか?

事例23. 泣く子と○○には勝てない。

    某工場近隣での抗議活動。○○が抗議するとすぐに対策。

事例24. 人間の適応能力。

    工場建屋に一歩入ると強烈な臭気! 数分後には?!

事例25.  業者はサンタクロース?

    同業者のメンテナンス作業のお話。 

事例21、出戻り、Uターン、里帰り。

 一度は出て行った者が帰ってくることはよくある事です。

 個人レベルの話だと、田舎から都会の大学へ進学した若者が卒業後は地元に帰り就職する事は珍しくありません。個人ではなく企業レベルでも同様に、海外に進出した(国外に脱出した)企業が再び日本に帰ってくる例もあります。「低賃金が魅力!」、「環境規制が無いので対策不要!」、「輸出時の関税が安い!」、「行政の様々な支援がある!」、「人口が多く将来性がある」、等々の理由で海外進出する事が年々増え、日本の産業空洞化が危惧されて久しい状況です。

 しかし、良い事ばかりでも無いようです。例えば、「ノウハウを覚えた従業員が独立してライバル企業を設立した」、「従業員が給料の高い同業他社に転職した」、「従業員の賃上げ要求に応じざるを得ず低賃金の旨味が薄れた」、「行政の優遇措置が取り消された!補助金の支給が取り消された!」、「公害規制法が制定されて対策せざるを得ない」、「大停電が発生して操業停止!」、「洪水で工場が水浸し!」、「デモや暴動に巻き込まれて工場がめちゃくちゃ!」、という様な事が少なからず発生しているようです。

 羊の群れを率いる遊牧民が今いる場所で牧草を食べつくしたら群れを率いて新たな牧草地へ移動するように、企業は進出先で問題が発生すれば別の国に工場を移転する事になりますが、日本へ戻って来る事もあります。人によっては「後ろ足で砂をかけて日本から出て行ったくせに、どの面下げて帰ってくるんだ!  お前の様な売国奴はいらん! もう帰ってくるな!」などと言う人もいますが、私としてはレンブラントの「放蕩息子の帰還」のような広い心で受け入れるべきと考えます。

 サケの稚魚が大きくなって帰ってきたと思えば良い? 昔は東京湾の多摩川にサケを呼び戻そうという運動があり稚魚を放流していたようですが、「サケは銚子限り」という言葉もあり、千葉県最東端にして利根川の河口である銚子市以南にはサケは来ない(たまに迷子のサケが千葉県の川に来るそうです)そうでこの運動もやがて終わったようです。その多摩川も観賞魚の放流などにより(大きくなりすぎて水槽で飼えなくなると捨ててしまうそうです)外来魚が増えてアマゾンならぬタマゾン川と呼ばれています。

 少し話がそれたので本題に戻ります。当社の顧客の某企業でも同様に海外進出後に日本へ帰還した例があります。海外(東南アジアの某国)に工場を移転してその後は順調でしたが、ある年に大洪水が発生!→河川が増水→水が河川から周囲に溢れる→道路が冠水→ 交通や物流が麻痺する! → 製造に必要な部品の供給が停滞して操業縮小 →さらに増水→工場も浸水する→工場の操業停止!、という負の連鎖反応が起こります。最悪の場合には、工場に浸水 → 精密機械が水浸し で故障!→ 全部入れ替え=大損害!、という事もあるようです。

 日本では大雨が降ると山から川や平野に水が流れて影響は数日で終わる事がほとんどです。国土の3/4が山で高低差が激しく川の流れは速い。外国人に言わせると日本の川は川ではなく滝だと言われる事もあるような急な流れです。しかし某国では日本と違い緩やかに洪水が進行します。山が少なく平野が広がるような国では毎日少しずつ水位が上昇し、下がる時も少しずつ水位が下降します。水位が上昇すると豊臣秀吉が水攻めにした備中高松城の様に周囲を水に囲まれた孤島のような状態になります。さらに水位が上昇するとダム建設用地の廃村の様に水没する事になります。数か月、あるいは1年以上そのような状態が続くという事は日本ではまず起こらない事なのでそのような水害は日本企業にとって想定外だったのでしょうか?

 大洪水で操業が停止して再開の目途が立たない、機器が水浸しで大損害、一から作り直してもまた洪水が発生したら? それなのリスクを考慮すると少しくらい人件費が高くても日本の方が良いと判断して日本に戻る事となったそうです。海外工場の一部を日本に撤収、日本国内の某工場で製造ラインを復活・拡大する事となり日本の規制に合わせて環境対策が必要となる、という事で当社にお問い合わせが来ました。

 お問い合わせから脱臭実験へと進み、臭気測定の結果も良好で本採用となりました。本採用の脱臭装置も順調に稼働してご好評を頂き、同じ工場内の別系統でも当社のセラミックス脱臭装置を追加でご注文いただきました。

 HP内の取付実例にこの会社の事例を掲載しています。宜しければ取付実例もご覧下さい。

 「セラクリーンUFOシリーズ取付実例」の「07、自動車工場、臭気対策」及び「09、自動車工場、臭気対策(増設)」がこの工場です。

 

 上記の例はT国からのUターンの例ですが、最近ではカントリーリスクを考慮したC国からの脱出も盛んになっているそうです。某経済紙では「今のトレンドはC国脱出!」などと書いているようですが、かつてC国進出を推奨(C国は日本の生命線!バスに乗り遅れるな!と主張していました。戦前にも同じ様な事が言われていたような気がしますが・・・。)したのと同じ出版社とは思えない変わりようで驚かされました。

事例22、「セラミックスが溶けた!?」

 当社のセラミックス製品は固体であり、通常の使用で溶けるような事はありえないのですが、ある日当社の販売代理店から「セラミックスが溶けた!」という連絡が入りました。

 

 セラミックスが溶けた?一体何があったのだろう?と思いつつ詳しいお話を伺うと、「某飲食店の仕込み工場で蒸気を大量に含む排気を処理したら溶けた」そうです。

 「溶けた!」と聞いた時には、氷が溶けて水になるような、あるいは焼きたてのピザの上のチーズがトロトロにとろける様な、そのような状態を想像しましたが、さすがにそれはあり得ない?? と考えてよくよくお話を伺うと、「過剰湿気・結露の影響により表面から少しずつ型崩れした」という事が真相でした。

 ちなみにセラミックスは陶器や粘土の一種であり高温で加熱しても溶ける事はまずありません。1000度を超えるような超高熱に長時間曝すような実験のデータはありませんが・・・。

 セラミックスの使用条件の1つに「過剰湿気や結露する排気・環境での使用は避ける」という項目が有ります。過剰な湿気がセラミックスに吸収されて飽和してしまうとそれ以上臭気を吸収できず脱臭能力の低下につながります。又、過剰湿気に長時間曝されると今回の様にセラミックスの型崩れをもたらします。過剰湿気の影響で”一時的に”結露してもその後の養生によりセラミックスが乾燥され過剰湿気は排出されるのでまず悪影響はないのですが・・・、今回の様にセラミックスが型崩れ・溶解した事は初めてのケースでした。

 今回の設置現場は某とんこつラーメン店のセントラルキッチンです。初めて豚骨ラーメンを食べた時に臭いが気になった方も多いでしょう。この店の豚骨スープはかなり豚骨臭が弱くスープが臭いという評判は聞きませんがそれでもスープを仕込む過程で臭気が発生する事は避けられず、臭気対策が必要となりセラミックス脱臭装置の設置となりました。

 この店はいくつも支店がある有名な店ですが、一時期は元祖○○という類似した名称のチェーン店ともめていた事が有ったそうです。余談ですが元祖○○の方は破産したそうです。

 対象の排気は湿度が高く排気ダクトの内部が常時結露している状態と伺いました。その後は設備を改修・改善して過剰湿気対策を行い、型崩れ・溶解したセラミックスも新品と交換する事で解決されました。

事例23、泣く子と○○には勝てない。

事例24、人間の適応能力。

事例25、業者はサンタクロース?
P6へ進む(制作中)

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

0470-66-0911

受付時間:09:00-17:00(土日祝除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0470-66-0911

サイドメニュー