当社の過去の経験や実例から特に印象的な出来事をご紹介します。

奇妙な事例のご紹介、P2

 題名をクリックすると本文へ移動します。

事例6. 最後にもう1つだけ・・・。

    レインコートと葉巻がトレードマークの某警部のようなセリフ。

事例7. ○○○○〇の巣?!

    ダクト出口から内側を見るとひどく汚染されている! ”何か”の巣の様だ。

事例8. ここは本当に日本ですか?

    広い!とにかく広い!あまりにも広い! 某工場を訪問した時の感想。

 

事例6、最後にもう1つだけ・・・。

 この事例は当社が直接聞いた話ではなく顧客からのまた聞きですが、興味深い話なので掲載する事にしました。

 とある製造業&リサイクル業の会社が某工業団地に新工場建設を予定していました。現地の役所に行き工場団地への進出と建設許可を申請すると、いかにもお役所仕事らしく大量の書類の作成と提出を要求されました。書類一式を用意してこれで許可が出るものと思い役所へ持参したら、担当者の意外な一言が待っていました。

 役所「書類は”大体”そろっていますね」

 顧客「大体? 言われた書類は全部用意したはずですが?」

 役所「最後にもう1つだけ、”環境対策もお願いします”。

 顧客「聞いてないよ? 今更そんなこと言わなくても・・・。」

 役所「でも規則ですから。」

 顧客「解りました。」

 

 この後、当社に排気処理の問い合わせが来ました。

 顧客「最初から環境対策も要求すると企業が逃げると思ったのだろうか? 工業団地に進出する企業を確保する為に、進出を計画した企業を逃がさない為に、後戻り出来ないくらいに計画が進んでから最後の最後という段階で環境対策を追加したのではないか?  今になって中止はできないので環境対策を実施しなければならない。」

 当社「役所の担当者も上手い事をやるものです。誰が指示したのか知りませんが ”優秀な”人材がいたのですね・・・。」

 

 新工場の設計段階では環境対策設備の導入は考慮していなかったので設置空間が無い? 工場の内部空間にはほとんど余裕がなく、本来は資材置き場にする予定の場所を”環境対策・臭気脱臭装置”の設置場所とする事になりました。

 その後は順調に「詳細聞き取り→設計&お見積→契約→納品・試運転→測定→検収・引き渡し!」という流れに沿って進みました。

事例7、〇〇〇〇〇の巣!?

 ある塗装工場の排気処理での事です。

 お問い合わせを頂いて現地を訪問し、セラミックスについての説明と簡単なテーブルテストをしてから排気系統(作業空間・排気ダクト・排出口)等々を確認する事になりました。ここまではいつも通りなのですが屋上にある排気口を見て驚きました。排出口に塗装成分が”大量に”付着しています!これほどに酷い汚染は初めて見ました。写真を添付いたしますのでご覧ください。

排気排出口、塗料成分が大量に付着する。

ダクト内部にも塗料成分が大量に付着している。

 グロテスクな見た目に某SF映画の怪物の巣を連想しました。奥から〇〇〇〇〇が飛び出して来るような雰囲気があります。

 塗料に含まれる特殊な成分が排出口及びその付近で固まったものだそうです。

 何らかの理由でダクト内部の汚染物質に火が付いたら延焼しダクト伝いに火災が広がる=ダクト火災の可能性もあります! 脱臭対策をしてもダクト内部の汚染の進行は元に戻せません=ダクト火災の危険性は変わりません! 脱臭対策とは別にダクトの清掃もお勧めしました。

事例8、ここは本当に日本ですか?

 このページをご覧のあなたも仕事で他社を訪問した事があるでしょう、その時の事を思い出してください。大きな会社では正門付近の受付で入場手続きを済ませてから待ち合わせの相手先の部署や応接室などに移動する事が一般的です。

 今回ご紹介するのは某製鉄所を訪問した時の事です。現地訪問・入口での受付までは他社と何も変わりません、ならば何が違うのか? 「移動手段」が違います!

 通常は受付で目的地を案内されたら”徒歩で”目的の場所まで移動します。受付でも「目的地はここですよ」と地図で示してくれました。続けて「こちらの乗り場からタクシーを利用して下さい」とご案内あり。「タクシー?・・・TAXI?・・・」思わず自分の耳を疑いました。私の聞き間違えではなく、この工場内では”タクシーで移動”が基本! あまりにも広すぎて徒歩では不可能! 自分で車を運転しても初回は確実に迷うでしょう。そのくらいに広大な敷地でした。

 受付からタクシーで走る事約10分で目的地に到着しました。 日本国内にこんな広大な土地があったのか! しかも全て1企業の所有地!

  ハリウッド映画に出てくるような、門を通ってから10分くらい山道を車で走ってやっと屋敷にたどり着く。という大邸宅(実際に訪問したことはありませんが)のようでした。

P3へ進む(制作中)

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

0470-66-0911

受付時間:09:00-17:00(土日祝除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0470-66-0911