当社の過去の経験や実例から特に印象的な出来事をご紹介します。

奇妙な事例のご紹介、P2。

 題名をクリックすると本文へ移動します。

事例6. 最後にもう1つだけ・・・。

    レインコートと葉巻がトレードマークの某警部のようなセリフ。

事例7. ○○○○〇の巣?!(制作中)

    ダクト出口から内側を見るとひどく汚染されている!中から何かが飛び出してきそう!

事例6、最後にもう1つだけ・・・。

 この事例は当社が直接聞いた話ではなく顧客からのまた聞きですが、興味深い話なので掲載する事にしました。

 とある製造業&リサイクル業の会社が某工業団地に新工場建設を予定していました。現地の役所に行き工場団地への進出と建設許可を申請すると、いかにもお役所仕事らしく大量の書類の作成と提出を要求されました。書類一式を用意してこれで許可が出るものと思い役所へ持参したら、担当者の意外な一言が待っていました。

 役所「書類は”大体”そろっていますね」

 顧客「大体? 言われた書類は全部用意したはずですが?」

 役所「最後にもう1つだけ、”環境対策もお願いします”。

 顧客「聞いてないよ? 今更そんなこと言わなくても・・・。」

 役所「でも規則ですから。」

 顧客「解りました。」

 

 この後、当社に排気処理の問い合わせが来ました。

 顧客「最初から環境対策も要求すると企業が逃げると思ったのだろうか? 工業団地に進出する企業を確保する為に、進出を計画した企業を逃がさない為に、後戻り出来ないくらいに計画が進んでから最後の最後という段階で環境対策を追加したのではないか?  今になって中止はできないので環境対策を実施しなければならない。」

 当社「役所の担当者も上手い事をやるものです。誰が指示したのか知りませんが ”優秀な”人材がいたのですね・・・。」

 

 新工場の設計段階では環境対策設備の導入は考慮していなかったので設置空間が無い? 工場の内部空間にはほとんど余裕がなく、本来は資材置き場にする予定の場所を”環境対策・臭気脱臭装置”の設置場所とする事になりました。

 その後は順調に「詳細聞き取り→設計&お見積→契約→納品・試運転→測定→検収・引き渡し!」という流れに沿って無事に進みました。

「奇妙な事例のご紹介」の目次に戻る。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

0470-66-0911

受付時間:09:00-17:00(土日祝除く)